名古屋おもてなし武将隊、第一日赤へ出陣!

名古屋おもてなし武将隊の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)と陣笠隊のお二人が、名古屋第一赤十字病院へ来てくださいました。

プレイルームでは子どもたちとウノをしたり、ベッドサイドで一人ひとりに声をかけ応援してくださったり。

子どもたちにも親御さんにも、そしてスタッフにも戦国武将のパワーを運んでくださいました。

ぷくぷくばるーんの、バルーンリース作りも大盛況で、病棟中のみんなが笑顔になった、素敵な時間でした!

全国病弱児研究会で講演をしました

ウィルあいちで行われた、全国病弱児研究会で、「院内学級はこどものオアシス!」の演題の話をしました。

全国病弱児研究会は、院内学級や訪問教育の先生方が、いかにこどもに寄り添った教育をするのか、よりよい病院内の教育のため日々研究をされている会です。

病院にいるこどもたちは、院内学級や訪問教育で勉強することが、普通の小学生・中学生に戻れる大切な時間です。

こうして、先生方がこどもたちのため研究、話し合いをしてくださることは、本当に素晴らしいですね。

岐阜聖徳学園短期大学部で講演をしました

岐阜聖徳学園短期大学部の、幼児教育学科のみなさんに、ぷくぷくの活動や、ボランティアの必要性、病院での子どもたちの生活についてのお話をしました。

みなさん真剣な表情で、しっかりと聞いてくださいました。

バルーン制作の体験も行い、わいわいと楽しくあっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

青い鳥医療福祉センターで三線コンサート開催

愛知県青い鳥医療福祉センターで、私たちぷくぷくばるーんのバルーン遊びと、三線奏者の稲三会 稲嶺盛玄さんの三線コンサートを行いました。

最初は、なのはな棟のこどもたちと一緒に、私たちぷくぷくがバルーンで遊びました。
秋らしくとんぼを一緒に作り、それからみんなで恒例のバトミントン大会。
スタッフのみなさんもこどもたちも、みんなおおはしゃぎでした。

そのあと、たんぽぽ棟で三線コンサート。
みんなが知っている沖縄の歌や、大きな古時計沖縄バージョンなどを演奏していただき、利用者さんもノリノリで楽しんでいただきました。

こうした楽しい時間をもっともっと、利用者さんのところへ届けたいですね。

52-1 52-2

美和子育て支援センター「バルーンあそび」

あま市の美和子育て支援センター事業の、「バルーンあそび」を今年も開催しました。
今年で3回目です。

毎回、多くの親子さんが参加されます。

今回は、腕につけるわんちゃんと、男の子の大好きな剣を作りました。
ママがキャーキャー言いながら作っているそばで、楽しそうにお子さんも走り回り、とても賑やかな時間でした。

加藤みきおさん(大道芸)のパフォーマンスショー!

名古屋第一日赤で三重県鈴鹿市の鈴鹿野郎舞一座・加藤みきおさんの大道芸のショーを行いました。

ピエロの格好で、病院らしくマスクにメイクをし、マジックやパントマイムを見せていただきました。
最初はプレイルームで、そのあとはプレイルームに出て来ることのできないこどもたちのところへ。
一部屋一部屋、マジックやパントマイムを見せて回っていただきました。

ぷくぷくはその間、プレイルームでこどもたちとバルーン!
こどもたちに、マジックで使うカードや不思議な絵本もお土産にいただき、みんな満足顔でした。ありがとうございました!

50-1 50-2

NPO法人病気の子ども支援ネット|ガラガラドン20周年記念フォーラム装飾!

東京・日本橋公会堂で行われた、国立病院機構 国際医療研究センターの遊びのボランティア、NPO法人病気の子ども支援ネット、ガラガラドンの20周年記念フォーラムの会場装飾をしました。

全国から多くの皆さんが来場され、様々な立場から病院の子どもたちをどう支えるかを会場一体となって考える、とても有意義なフォーラムでした。

そんな素晴らしいフォーラムを、バルーンで装飾し皆さんに見ていただけたことは、とても幸せでした。

49-1 49-2

青い鳥医療福祉センターの夏祭りに参加しました

今日は初めて夏祭りに参加しました。

広いセンターが、人・人・人・・・!!
センターの利用者さんをはじめ、地域の方たちも大勢いらっしゃり、大賑わいでした。
青い鳥医療福祉センターが、地域のみなさんにも本当に親しまれているのだな、と感激しました。

そして、ホットドックややきそばなどの食べ物、輪投げやぷくぷくばるーんのバルーン作りなど、内容盛りだくさん。みんなにこにこの笑顔があふれていました!

バルーン作りのブースも、いつも子どもたちでいっぱいでした。
そして、他の病院で一緒に遊んだことのある男の子も遊びに来ており、久しぶりの再会!

とても嬉しく楽しい一日でした。

48-1 48-2

CBC青木まなアナウンサー来たる!

名古屋大学附属病院でCBCアナウンサーの青木まなさんが、絵本の読み聞かせをしてくださいました。

最初は小児外科のプレイルームで。そして次は小児内科のプレイルームで。
両病棟とも、すでに集まってくれていた子どもたちに、とても楽しい本を読んでくださいました。

質問コーナーでは、「子どもに読み聞かせる時に注意していることは?」「表現豊かに読むには?」など、読み聞かせのコツについての質問が多く出ていました。

そして、次はぷくぷくばるーんがプレイルームで子どもたちと「夏野菜」を作り、青木さんはお部屋から出れなかった子のために、ベッドサイドへ。

さすがアナウンサー、とても表現豊かに読んでくださる絵本に、みんな大喜びでした。

青木さん、また来てくださいね!

初!青い鳥医療福祉センター

今日は、13時30分より、名古屋市西区にある愛知県青い鳥福祉医療センターで初活動を行いました。

まずは肢体不自由児の子どもたちのいる、たんぽぽ棟へ。ぷくぷくボランティアの他に、同朋大学の学生ボランティアさんやスタッフのみなさんもお手伝いしてくださり、「腕につけるわんちゃん」を作りました。

そして、ぷくぷく恒例「バルーンバトミントン」。
今回はバルーンで作ったラケットで打たなくても、手や頭、足やお尻でもOK!
みんなキャーキャーいいながら素晴らしい笑顔で楽しんでくれました。

そして、次は重症心身障害者(児)のひまわり棟へ。
ボランティアが犬を作っているところを見ていただいたり、丸いバルーンたくさんで、みんなでバレーをしたりと、こちらもまたみなさんすごい笑顔で楽しんでくださいました。
帰りにはなんと涙まで!

ありがとうございました。また行きますね!!

ニュース